<<   ■ スポンサーサイト   >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ << ランキング参加中♪時々押してくれると嬉しいです~
--/--/-- | スポンサー広告
<<   ■ サウダージと転校生 - さよなら あなた -   >>
豊四季団地

E-500 + LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm/F2.8-3.5 ASPH.

サウダージという言葉がある。ポルトガル語で、せつなさや郷愁といった意味合いっぽいが、きっちり日本語にあてはめることのできない独特のニュアンアスを持つ。僕の大好きなブラジルの音楽には頻繁に出てくる言葉だ。無理に訳さずに、サウダージ、と理解するのが一番なのかも。

一年間写真を撮ってきて、自分がよくレンズを向ける対象っていうのは、自分にとってのサウダージなんだろうな、と思う。廃屋などにはあまり興味がなく、わずかでも人の住む団地などを好むのも、懐古とはちょっと違う、そういった感情なのかもしれない。
写真は、一番充実感があった気がする、豊四季団地を撮った時の選考漏れ。

以下、ぜんぜん関係なさそうな、映画・転校生 - さよなら あなた - を見た話。
僕にとってサウダージなもの、夕闇通り探検隊はもちろんそう。
映画なら大林宣彦の尾道三部作。なにしろそれで実際に尾道へも行っちゃった。

先日、NHKドラマの 七○ふたたび の出来があまりにアレだったので、口直しに蓮佛美沙子つながりで、「転校生 - さよなら あなた -」をはじめてDVDで見ました。もんのすごく気に入りました。素晴らしかったです。今もこんなに瑞々しくも新しい作品が撮れたんですね、あのお方は。

尾道が舞台の「転校生」の、長野に舞台を移してのリメイクかと思っていたら、全くの別もの。話もテーマもぜんぜん違いました。考えてみればサブタイトルが「さよなら あなた」の時点で気づくべきでした。(尾道版は「さよなら おれ」「さよなら わたし」だったのだ!)思春期の男女が入れ替わるという設定のみ共通の完全新作。前半では尾道版と同じエピソードも出てくるものの、オマージュみたいなもんでしょう。

昨今、現実の世界を舞台にしていながら、リアリティの欠如したドラマがなんと多いことか。長野版転校生は、超一級品のファンタジーでした。ファンタジーとは決して安易な夢物語ではなく、非現実的な設定や舞台、筋書きの中で、現実の雑事を排することで、シンプルにリアルな人の心を描きだすものなんだと思います。

転校生の舞台設定は現代の長野だけれど、登場人物のキャラにしろ、その台詞にしろ、服装にしろ、わざと古めかしく芝居じみたものにして、これが現実の世界とは違うのだということを主張しています。フレームが最初から最後まで傾きまくっているのも、その暗示だったのかもしれません。そしてその傾きが気にならなくなった頃、むしろこの世界の方にリアリティを感じるように。僕は蓮佛美沙子扮する一美(中身は一夫)がピアノを弾き語る圧巻の中盤シーン以降、傾いてるのを忘れました。
そしてドラッグムービー&ロードムービーのような怒濤の終盤へ…

この映画、尾道版オリジナル転校生と比較することは意味をなしません。
実に新しく、かつ、人生のより普遍的なテーマを描ききった作品だと感じました。
僕の心にずっと残るサウダージなもの、それがひとつ増えたことが、僕は嬉しいのです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ << ランキング参加中♪時々押してくれると嬉しいです~
スレッドテーマ [ 写真 … 団地の写真 ]
2008/12/16 | 団地 | コメント:9 | トラックバック:0
きっちり訳せない言葉!
もったいないも翻訳できないようです。
文化によって言葉の必要性が違うんでしょうね。
虹の色数が国によって違うように!

最近アンテナを作ってます。
できたらブログにアップしよう!
ア、アンテナ?
何のアンテナですか?
妖怪じゃないですよね^^
なんかネットを見てると好きなタレントさんが
東京キー局のラジオに出ているとの情報が・・・
文化放送とニッポン放送は入らないこともないので
頑張って高感度アンテナを作ってみようというわけです。
特に文化は韓国に負けているのです。
ループアンテナというものを作ります。
あとは線を巻いてはんだごて作業で終わりです。
ラジオアンテナ自作ですか~
昨今はラジオ持たない人も多そうだし、
インターネットでストリーミングとかやればいいのにって思いますね。
単純にそういうわけにもいかないんですかねえ。
ですよね!
ストリーミングは私も思います。
ポッドキャストなんかもありますが
私の聞きたい局はやってないし・・・
テレビも有料でもいいからいろんな地域の放送が見たいです。
こんなにインターネットが普及しているのに・・・・
技術的には何でもできるのにねえ。
大人の事情…というか日本の場合大人げない事情?(笑)
きっと後者ですね!
著作権とかを盾にしてるんじゃないでしょうか?
そんなに主張するならすべての番組をDVDで出してほしい。
地デジもそう感じます。
パソコンの雑誌(大手誌)に家電業界の陰謀と書かれていて
このままではアナログ難民が出る予感!


アンテナは配線が完了しました!
ためしに接続してみましたがすごい感度です。
普通に入る地元局も異様な高音質に!
あとは養生するだけ!
もともと入ってる局のも良くなるんですか?
意外と、ノイズも倍増なんてことにならないもんですね。
すーって静かになります。
付属のアンテナを超えてます。
手製でこれだけのものだとすると
完成品はもっとすごいでしょうね!
接続端子のないラジオで効果があります。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://sambou.blog22.fc2.com/tb.php/240-5ebf5891
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 参謀 "sambou" All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。